Tilt Brush を利用したアーティストたちの創作活動! その一部始終を収めた WebGL デモ!

doxas : 2016-04-24 13:12:37

三次元のバーチャル空間で生まれるアート作品

今回ご紹介するのは、今まさに流行の兆しを見せている VR に関するコンテンツです。

といっても、閲覧する我々ユーザーがブラウザ越しに VR を楽しむのではなく、VR でアート作品を生み出していくアーティストたちの、その製作過程を WebGL で眺めることができるという面白い作品です。

ちなみに今回のデモの元となっている三次元お絵かきツール、Tilt Brush は、HTC Vive を利用するアプリケーションです。つまり Vive を持っている人は、今すぐにでもこのアプリを使って三次元空間アーティストになることができます。凄い時代ですね。

HMD と専用コントローラーで描き出す世界

さて、今回のサイトはタイトルが「Virtual Art Sessions」となっています。その名前の示すとおり、バーチャルな空間のなかに次々と描き出されるアート作品は、いわゆる普通の二次元的な絵画とはまったく異なる趣きとなっています。

とりわけ、今回のデモはそれをまるで動画のようにアニメーションで閲覧することができる上に、WebGL によってレンダリングされていることで、閲覧者が自由に視点を移動しながら、その隅々までを観察できるようになっています。

このサイトは Tilt Brush のサイトではなく、あくまでもそれを利用して製作された作品や過程を集めたものです。恐らく、ここに登場する方々はみな、著名なデザイナーやアーティストの方々なのだと思います。

とは言え、それぞれを見比べてみるとわかりますが、やはり描き方(という表現が適当かはわかりませんが)を見ているとそれぞれに特徴がありますね。

直線を美しく折り目正しく引きたい感じのする人もいれば、どういう感覚で色を配置しているのかまったく見当もつかないような人もいます。

全てのシーンは、マウスのドラッグ操作による視点変更と、ホイール操作によるズームイン・アウトが可能です。

そして、画面の右下のほうには小さくですが、アーティスト本人からの視点も表示されています。

全体の流れはまるで動画のような感じでプログレスバーが表示されて進んでいきますが、画面の右あたりにある「x4」などと表示されているリンク文字をクリックすれば、倍速や四倍速などでの再生が可能です。

今回のコンテンツの面白いところは、やはりその作品が三次元になっているということでしょう。アーティストの背後から全体を眺めているときにはわからなかったような驚きが、シーンを横から、あるいは後ろから眺めたときに見えてきたりして、とても面白いですね。

黄色いリボンのようなラインは横から見ると……?

おそらくは、VR が一般的になっていく過程で、このような 3D アートの考え方はより大衆化していくと思います。しかし、今現在は、それはまだ一部のアーリーアダプタのみが体験できる世界でしょう。

製作過程は VR 機器を必要とするかもしれませんが、こうしてその過程の一部始終が WebGL によって可視化され、誰でも気軽に閲覧できるというのは素晴らしいですね。どんどん普及が加速していくことを楽しみに待つばかりです。

ちなみに WebGL の実装としては three.js を利用しており、JSON や obj ファイルにうまくデータを格納してシーンを構成しているみたいです。バックエンドの実装も、どんな感じなのか気になりますね。

見ているだけでも非常に楽しいサイトになっています。

ぜひチェックしてみてください。

リンク:

Virtual Art Sessions

Tilt Brush by Google

share

follow us in feedly

search

search

sponsor

social