数々の高品質 WebGL 事例を手掛けてきた Interactive Developer、Giulian Drimba さんのポートフォリオサイト

doxas : 2018-05-11 14:15:09

ローディング表示からもう独特な雰囲気

今回ご紹介するのは、Interactive Developer の Giulian Drimba さんのポートフォリオサイトです。

非常にレベルの高い WebGL 作品に携わってこられた方で、このサイトでも、何度かその作品を紹介したことがあります。

今回のサイトはポートフォリオサイトなので、それらの事例が動画と共に紹介されている形ですが、習作を集めて公開しているサイトなど、一部には案件として受託したものでは無さそうなものも含まれています。

いかにもお洒落でウェブの表現として洗練されている

今回のサイトは非常にかっこいい雰囲気なのですが……

その半面、余分なものがないシンプルな実装というか、どういう操作をしたらどういうことが起こるかなど、なにかしらの導線を示すようなインターフェースが基本的には置かれていません。

その分、より尖ったかっこよさみたいなものがあるのですが、そのあたりは好き嫌いや、あるいはウェブサイトとして有りなのか無しなのかみたいな部分で意見が分かれるかもしれません。

個人的には、結構好きです。

最初のローディング表示も、特に数字が表示されたりするわけではなく、格子模様がアニメーションするという若干不思議な見た目のプログレス表示になっています。

トップページ部分にはわかりやすい文字のようなものは置かれていなくて、黒い背景に、白いパーティクルがうねるように動いているデモが再生されます。

多くを語らず、余白も大胆に使いつつ……

アニメーションも結構大味というか、ダイナミックな感じがしますね。

各事例は、上の画像のように全画面に画像や動画が置かれたりする形で紹介されています。

空間を切り取る意図のようにも感じられる矩形部分や、画面の右側に、すこし見切れた感じで書かれている文字の部分などがリンクになっていますので、実際にそのサイトを見ることができます。

また、スクロールして一番下のところまで到達すると、そこに About ページに相当する簡単な自己紹介のページが用意されています。

この最後のページは、ページ全体がクリッカブルになっていて、カーソルもリンク文字の上などにホバーしたときの指差しカーソルになっています。

おもむろにページ内をクリックすると、背景の文字が浮かんでは消え、浮かんでは消えと変化するアニメーションを見ることができるようになっています。

たくさんの WebGL 実装を作ってきた作者さんだけに、それをこうして一覧で見せられるだけでもなかなか圧巻という感じがします。

こう言ってはちょっと皮肉に聞こえてしまうかもしれないのですが、オシャレなデザインやクールなインタラクションなど、いかにもウェブのひとたちが好きそうな作品が多いです。

パーティクルや、あるいは比較的シンプルな球体やキューブなどの幾何学的なジオメトリを使っている作品が多いようにも感じますが、モデリングされた複雑な形状を扱っているものもありますし、3D でなく 2D で表現されているものもあり……

かなり多彩な才能を感じさせてくれる人だなと思います。

とてもかっこいいサイトなので、参考になることも多いと思います。

ぜひチェックしてみてください。

リンク:

Double PI — Giulian Drimba, Interactive Developer

share

follow us in feedly

search

search

sponsor

social