相変わらずのクオリティとセンスが光る! 韓国人の開発者 302chanwoo 氏のインタラクティブ・アートブック

doxas : 2018-06-29 13:32:47

吸い込まれるような美しい世界観

今回ご紹介するのは、韓国の開発者でありイラストレーターでもある 302chanwoo さんの作品です。

氏の作品は、実は過去にもご紹介したことがあったのですが、今回の作品も非常に素晴らしい仕上がりになっていまして、この記事を書こうと思って Twitter アカウント見に行ったのですがこの作品で FWA の FOTD 受賞してました。

さすがですね……

絵本のような美しい世界観を、今回の作品でもしっかりと堪能できます。

インタラクション・アニメーションに注目

今回の作品はデジタル絵本のような感じの作品になっていて、しっかりとストーリーがあり、それに沿ったグラフィックスが用意されています。

グラフィックスと言っても静止画のようなものではなく、すべてが、アニメーションやインタラクションを含む WebGL のレンダリング結果として描かれます。

すごく手間の掛かっている作品だと思うのですが、隅々まで本当に抜かりなく作られていて素晴らしいです。

最初に描かれるシーンでは、この物語の主人公となるロボットを組み上げるところから始まります。マウスでドラッグしてパーツを組み立ててあげましょう。

デジタル絵本のストーリーは、すべて韓国語の文章として語られます。

残念ながら、私は韓国語やハングル文字は全然読めないので、ストーリーの詳細についてはわからないのですが……

それでも、様々な感情を想起させる情緒あふれるシーンが次々に展開され、気持ちが心地よく揺さぶられるような、そんな印象を受けます。

ミステリアスなシーンなんかもありますが、世界全体の雰囲気が柔らかい印象なので、怖いというよりは好奇心を刺激されるような感じですね。

ストーリー自体も結構長さがあって、文章が読めないので詳細はわかりませんが……結構ボリューム感があります。

また、描き出されるグラフィックスを見ているだけでも、なんとなく話の内容が想像できるような感じになっているので、ぼんやりと眺めているだけでも十分に楽しめると思います。

今回の作品のタイトルである「Going Home」の意味を考えながら見てみれば、より深く感情移入できるのではないでしょうか。

以前、当サイトで彼の作品を紹介したときにも書いたのですが、彼自身はシーンのインタラクションやトランジションにすごくこだわりを持って制作をされているということでした。

実際に作品がリアルタイムに動く様子を見ればわかるかと思いますが、本当に細かい部分まで、動かないパーツがひとつもないのではないかと思わせるような、そんな作り込みがなされています。

いわゆる一般的なウェブのフロントエンドの実装とはちょっと色合いが違うサイトではありますが、その作品としての魅力は間違いなく一見の価値ありだと思います。

ぜひチェックしてみてください。

リンク:

Going Home

@302chanwoo

share

follow us in feedly

search

search

sponsor

social