サッカーのワールドカップに合わせて公開された驚くべき完成度の WebGL 製ミニゲーム 2018 Foosball World Cup がすごい!

doxas : 2018-07-02 14:10:13

本格的なグラフィックスでブラウザゲームを楽しめる

今回ご紹介するのは、WebGL 製のゲームとしては異常とも言えるほどの完成度を誇るミニゲーム、2018 Foosball World Cup です。

Foosball というのは、日本で言うテーブル・フットボールのことで、サッカーのテーブルゲームのことですね。テーブルに通されたパイプのような柱にサッカー選手が取り付けられており、それを回転させることでサッカーを行うあれです。

今回のサイトは three.js で作られているので、ゲームエンジンのようなものを使って作られたものでは無さそうなのですが、とにかく完成度がすさまじく、本格的にゲームとして楽しみながらプレイできる仕上がりになっています。

ポストエフェクトにも注目しながらプレイしてみよう

今回のサイトは、今まさに開催中のサッカーのワールドカップになぞらえて公開されているものだと思うのですが、とにかく前述のとおり、完成度がすごくて普通にゲームとして遊べる素晴らしい出来栄えになっています。

任意の国のチームを自由に選択してコンピューターを相手にプレイすることができるようになっており、あくまでも一人で遊ぶタイプのゲーム内容です。

操作はマウスだけで行うことができるようになっており、特にゲームパッドのような専用の機器は必要ありません。

ゲーム開始前には、まず対戦する国を選択します。

要所要所で、制限時間が設けられているところもありますが、概ね普通に選択していけばいいだけなので、簡単です。

実際に CPU との対戦がスタートすると、マウスの右ボタン・左ボタンを使って、バーを回転させながらゴールを目指します。

このとき、マウスカーソルを画面上で上下に動かしてやると、それに連動して選手の位置も動くようになっているので、ゴールを守りながらうまく相手ゴールめがけてボールを飛ばしていきましょう。

全体に暗い感じのシーンですが、選手やフィールドなどがネオンのように輝いており、とても雰囲気が素晴らしいです。

CPU はそれほど賢い挙動をする感じではないので、丁寧にプレイしていけばそれほど苦戦することは無いと思います。

私は良さげなスクリーンショットを撮ろうと必死になってたらどんどん点を入れられてしまって大変でした(笑)

ゲームをプレイしている最中は、ボールが強くぶつかったり跳ねたりするときの、ポストエフェクトにも要注目です。まるで空間が歪んだような迫力のある演出が行われるようになっていて、すごく臨場感のある雰囲気に仕上がっています。

下の画像はその空間が歪んだ瞬間を捉えたものですが、ボールや選手、フィールドなどが、まるで異次元空間のように歪んでいるのがわかるでしょうか。

今回のゲームは、特になにかのプロモーションというわけでは無さそうですが、それにしても本当に素晴らしくよく出来ていて、ゲームとして楽しんでプレイできるだけでなく、WebGL の CG として見てみても本当にすごいですね。

物理演算などを駆使した動きとしてのロジックだけでなく、インパクト時のエフェクトや、ゲーム全体のビジュアルとしてのかっこよさなど、とにかくハイレベルです。

これを見てそのまま参考にするというのはちょっと難しいかもしれませんが、よく観察してみると細かい部分までこだわって作り込まれた、多くの発見があると思います。

たとえローポリゴンでも、雰囲気の作り方次第でこんなにも素晴らしい作品ができるのだということを、これでもかと見せつけてくれる作品です。

ぜひチェックしてみてください。

リンク:

2018 Foosball World Cup

share

follow us in feedly

search

search

sponsor

social