ミニゲームやカスタマイザなどコンテンツが盛りだくさん! ルノー TWINGO のウェブサイト

doxas : 2019-07-17 14:36:11

とにかく楽しいギミックがたくさん!

今回ご紹介するのは、自動車メーカーのルノーのウェブサイトです。

今回のサイトでは、新型の TWINGO という車種が紹介されているのですが、とにかくサイト内に様々な機能が盛り込まれていて、ゲーム感覚で TWINGO の性能や特徴について知ることができるようになっています。

カスタマイザの実装などもオールインワンになっていて、本当にすごいです……

リンク:

Découvrez l'expérience Nouvelle TWINGO

フォトリアルな質感の自動車モデル

WebGL は自動車のボディなど、金属っぽい質感が中心のオブジェクトをフォトリアルに描画するのが比較的容易です。

そういう事情もあってか、自動車メーカーのウェブサイトでは、昔からよく WebGL を使ったフォトリアルな質感の自動車モデルが多く実装されてきていると思います。

今回のサイトでも、やはり自動車モデルの部分はフォトリアルに寄せた質感になっており、逆に風景はイラスト調なこともあってすごく際立ったビジュアルとして目に留まります。

上の画像にあるように、デモのトップページ部分からは簡易的なカスタマイザのような機能を利用することもでき、ボディカラーはもちろん、ホイールの部分を変更するなどのいくつかの操作が行えます。

また、車内のインテリアをチェックすることもできるようになっていて、ここでも本物志向なグラフィックスが描き出されます。

自由に視線を動かすことができるので、車内の様子がすごくリアリティを持って伝わってきますよね。

そして今回のサイトで個人的に最も大きな驚きだったのが、ミニゲーム風のコンテンツ。

こちらはレーシングゲームのようにマウスカーソルで車を操作したり、あるいは、コース上をなぞるようにして車の走る軌道を描画してやり、それに沿って TWINGO が走る様子を見ることができたり……

とにかくすごく手が込んでいますね。

軌道をなぞって TWINGO が追従するコンテンツの部分は、厳密には「ユーザーがなぞって引いた軌跡どおりに走っているわけではない」ようですが、それでも体験としてすごく面白いなと思いました。

今回のサイトは非常に CG としても美しいシーンが描かれるのですが、それだけに若干負荷は高めかなという印象でした。

しかしそのことを差し引いても、コンテンツの充実度は本当にすごいです。

ゲーム風のコンテンツやカスタマイザを備えつつ、この車種の魅力を上手にユーザーに伝えていると思います。

WebGL の事例としては、かなり高い完成度を誇っていると思います。ぜひチェックしてみてください。

リンク:

Découvrez l'expérience Nouvelle TWINGO

share

follow us in feedly

search

search

sponsor

social